皮脂と肌トラブルについて

皮脂と肌トラブルについては実際のところ見た目で感じる肌トラブルはもちろんの事、肌トラブルが起こる原因とは一体どういったものがあるのでしょう?

 

角栓とは

 

角栓は毛穴で古い角質と皮脂が混ざり合ってできるものです。固まりとなった角栓は、文字通り栓をするみたいに、毛穴を詰まらせてしまい、毛穴に詰まった角栓表面の肌よりも少し盛り上がることもありますので、外見上も影響を及ぼします。

 

毛穴の詰まりとは

 

角栓のみならず、乾燥が影響を及ぼして毛穴の詰まりはおこります。乾燥肌は毛穴の伸縮の低下することにより、毛穴が詰まりやすくなっていくのです。肌がべたつくからという理由だけで、皮脂を過剰に落とすと、毛穴に角質が取り残されてしまうことになって、毛穴詰まりの原因になってしまいます。毛穴の詰まりはニキビや吹き出物になりやすいことから注意が必要です。

 

ニキビとは

 

角栓はニキビが生じる原因になるアクネ菌のエサとも言えるもので、毛穴が詰まることから酸素に触れない状態のままだと、毛穴の中でアクネ菌が角栓を栄養源として繁殖してしまい、皮脂を分解して脂肪酸を作り出します。またアクネ菌が分泌するボルフィリンという物質が紫外線を受けることにより、活性酸素を発生させ、悪化すると毛穴の内側で炎症が起こることから、皮膚の細胞を壊してしまうかもしれません。

 

毛穴まわりの組織が炎症を発症させ、肌の下にある真皮層に至る迄被害が広がり、炎症が治まった後も、でこぼこした痕が残るかもしれませんので注意が必要です。アクネ菌は常在菌のひとつで完璧に排除するというのは困難と言われていますが、酸素に接した状態では悪さは行なえません。洗顔などで毛穴に角栓が詰まらないように心がけることにより、おおかたのニキビは防ぐことができるのではないでしょうか。

 

※大人ニキビは皮脂の少ない所でも出てくる場合もあり、このような時はストレスから来ることも言えそうです。

 

毛穴の開きとは

 

皮脂が毛穴に詰まっていると、毛穴が開いたままの状態となり、古い皮脂が毛穴まわりの負担を大きくしています。その負担が、毛穴に広がることもあることから、皮脂を溜めないように洗顔やスキンケアなどの手入が必要になります。

 

毛穴の黒ずみとは

 

毛穴に詰まっている角栓が空気に触れて酸化することで、黒く変色するのですが、それは鼻周辺に多く見られることがあります。また、鼻のまわりにできると黒く映ってしまう毛穴がイチゴのつぶつぶに見えるということからイチゴ鼻と呼ばれています。お手入れでも強引に角栓を取ろうとしてしまうと、かえって毛穴や肌を痛めてしまう可能性がありますので気をつけて下さい。

 

毛穴のシミとは

 

角栓の詰まりが慢性化すると、角栓が過酸化脂質となってしまいます。そのため、活性酸素が発生することにより、その刺激から肌の保護をする働きで、メラニン色素の生成が活発になり、色素沈着してしまうのです。

 

くすみとは

 

過剰な皮脂は肌で酸化し、肌のターンオーバー(細胞の新陳代謝)が遅れることもあります。古い角質がはがれずに長く肌に残っていると、肌を守ろうとすることから、角質層が厚くなるので、肌の透明感や明るさを打ち消してしまうかもしれません。毛穴の黒ずみなども見た目の印象からも肌の色あいが下がり、肌がくすんで見えるように感じることになります。

 

テカリとは

 

皮脂が多く分泌されることから、肌のテカリが目立ってしまいます。ベタツキを感じることで、体感的にも見た感じも不快感だけが消えません。お手入れとしては、油取り紙で余分な皮脂を取り除いたり、クレンジングで洗い落とすことになります。しかし、その皮脂はどうして過剰に分泌しているかを考えると、体質的に皮脂の分泌量が多い方にはこのお手入れで構わないのですが、肌が乾燥していることで多く皮脂が分泌されていることも考えられるので、肌質の違いによって注意が必要です。

 

老化とは

 

皮脂は皮脂膜をつくり出し肌を守ることに必要なものなのですが、古くなった皮脂がいつまでも毛穴に留まっていますと、空気に触れて酸化することにより、皮膚に悪影響がもたらされます。毛穴まわりを中心にダメージを受けることにより、年齢に伴う肌の老化を早めてしまうため、それを回避するためにも程よいクレンジングは必要です。

 

【然プラス 生ビタミンシリカ導入シャワー】

おすすめ