ケイ素の保水性について

ケイ素そのものに保水性の効果効能があるといった見解はないといえます。本来ケイ素については大きく分けて二種類見られます。岩石土砂や水晶といった鉱物由来のものが、非水溶性ケイ素といわれています。

 

人の体内にも存在する水に溶けるケイ素を水溶性ケイ素といいます。非水溶性ケイ素は水とはまるで関連しないもので、水溶性ケイ素は保水するというよりは水に溶けるといった解釈がよいでしょう。

 

肌の保水性について

 

お肌の表皮の下に存在する真皮それこそが肌細胞の中心であります。そのほとんどはコラーゲンになります。その間でゼリー状のようなヒアルロン酸と水分が占めているのです。

 

肌の保水性や弾力性についてはコラーゲンが主に重要になります。コラーゲンに関しては繊維状の束になっており、この形態それこそが、負荷に耐えている強さをつくり出し、更に柔軟性やしなやかさなどの弾力性を合わせもっています。

 

そこへ水分などが蓄積されることから、このコラーゲンがないと保水力も低下することになります。肌の保水性を上げたいのでしたらコラーゲンを満たすことが大切です。

 

コラーゲンについて

 

コラーゲンは食品であればゼリーなどのゼラチンでも有名ですが、食材であればフカひれ、すっぽん、手羽先、牛筋などがみられます。人がコラーゲンを食べることによりどれくらい体内にコラーゲンをためることができるのかはハッキリしておらず、疑問の声もあるようです。とりわけ体の軟骨形成になっていくといった、特定の部分の原料になるのかも不明で、頬のお肌となったのか、膝の軟骨となったのかははっきりしていないそうです。

 

ケイ素について

 

ケイ素の効能効果というのはコラーゲンの結束、抗酸化作用、殺菌滅菌、デトックス、アンチエイジング、恒常化、などがあげられているのです。人体では内臓、血管、歯、爪、髪の毛、その他骨や軟骨であったり、いたるところに存在する必須ミネラルになります。体内で合成して作りだすことのできないことから、通常は食べ物から摂り入れています。

 

肌の保水性にはケイ素が有効です

 

食物でコラーゲンを摂ることが理論上は肌の保水性を上げることになります。しかし、実質的な効果はあやふやで、それよりケイ素を摂ることのほうが明らかに肌の保水性によいといえます。ケイ素はコラーゲンをまとめてスムーズにすることには間違いないといわれています。

 

市販の水溶性ケイ素水について

 

数多くの食物にケイ素が含有されていますので、ケイ素の摂取不足にはなりにくいとは言うものの、食材ごとの含有量がとても少ないことから、食生活の偏りなどで、ケイ素の不足がよく心配されていると思います。さらに中年期以降の方は加齢の要因により代謝が落ちることで、ケイ素を吸収する効率や体内の保有量が低下していきます。

 

ですが、ケイ素はサプリメントや水溶性ケイ素水で補給可能です。水溶性のケイ素水がおすすめで、流通されているものやネット販売で手軽に入手できます。水溶性ケイ素のドリンクにはシリカ水などと呼ばれているのですが、天然のものから、ケイ素を溶かしたものを配合してあるものがありますので、飲むだけとなので簡単です。

 

濃縮ケイ素水には高濃度のケイ素が原液となった液体になりますが、普段飲まれるものに数滴混ぜて飲むことができます。味も無く、これといった臭いもないことから手軽に飲めますので心配ご無用です。料理に利用することもおすすめで、味噌汁やスープなどに用いたり、煮物やお米の炊飯時に垂らすのもおすすめです。

おすすめ