壊れやすいビタミンCを安定化させるためのビタミンC誘導体には、シミの予防や美白の効果、ニキビケアなど幾つもの美容効果が期待されています。そして、ビタミンC誘導体においては、水溶性や油溶性など様々な種類が存在しているのですが、そんなビタミンC誘導体とは一体、どの様なものなのでしょうか?

 

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体が美白成分と考えて日本国内で本格的に使用され出したのは1980年代の中ごろからになります。美白成分としての実績は長く、効果が高く評価されている成分になります。

 

ビタミンを誘導体化することによりマイナス面を取り除いたものですが、本来ビタミンCは安定性が悪く、水に溶かしたり、空気に触れて酸化してしまうと効果を失いやすい成分で、肌への吸収性も低いことから、化粧品への配合が困難であるとされていました。

 

しかし、そういったビタミンCの品質を「誘導化」することで、酸化しにくく安定した品質に改良したものがビタミンC誘導体なのです。

 

浸透性に優れており、皮膚に浸透した後にビタミンCに変化するという特徴があります。

 

ビタミンCには、活性酸素を抑える抗酸化作用がメラニン色素の還元作用や新陳代謝を促す作用など皮脂分泌を制御し、コラーゲンの生成促進などの作用がみられることから、美肌効果が期待されています。

 

美白効果が期待できるビタミンC誘導体は、チロシナーゼといった酵素の働きを阻害することにより、メラニン色素の発生を防ぎます。また、以前からできているメラニン色素を還元する作用もあります。

 

そのため、シミやそばかす・くすみなどを防いだり、色素の沈着を改善してくれる働きもあります。

 

ちなみに、厚生労働省から認可がされている美白有効の成分中でも、メラニンを還元する作用があるものがビタミンC誘導体と言われています。

 

シワ・たるみに対する効果

 

ビタミンC誘導体には、コラーゲンの産生を促す働きも見られます。真皮層のコラーゲンを増やすことにより、肌の弾力やハリをよみがえらせることが可能となります。

 

ビタミンC誘導体がもつ抗酸化作用で、紫外線や睡眠不足、喫煙などから影響をうける活性酸素の働きを抑え、コラーゲンやエラスチンを保護することにより、シワやたるみ、ニキビ跡の改善などに働きかけます。

 

ニキビへの効果

 

ビタミンC誘導体は、ニキビケアにも効果が期待できます。ビタミンC誘導体の抗酸化作用により、ニキビの炎症を促進する活性酸素を取り除くことで、炎症後の色素沈着を抑制します。

 

しかも皮脂の過剰分泌をコントロールすることにより、ニキビ予防にも効果が期待できます。

 

このことからビタミン誘導体には様々なメリットがあるのですが、それを上回る高い浸透性を実現したものが、「生ビタミンC」の存在ではないでしょうか。

 

\本格的な皮脂トラブルでお悩みの方におすすめのスキンケアがあります!/


おすすめ